フォントエディタソフトウェア – タイプ

タイプには他のフォントエディタソフトウェアに見られるいくつかのツールが欠けていますが、それはまだ同僚の間で強い競争相手にするのに十分な機能を備えています。実際のところ、派手なツールがないため、あまり進んでいないユーザーや、フォントをすばやく効率的に作成したいユーザーにとっては、優れたツールです。

フォント作成機能

Typeを外国語ベースのフォント用の素晴らしいフォント作成者にするいくつかの機能があります。まず、私たちが検討したいくつかのアプリケーションのうち、65,000を超えるグリフをサポートできるのは、アクセント付きの文字を扱う場合に最適なアプリケーションの1つです。第2に、コンポジット・ウィザード・ツールは、ユーザーが設定した仕様に基づいて自動的に作成するので、アクセント付きグリフを作成するのに最適です。

Composite Wizardは素晴らしい時間節約ですが、ブレンドされたフォントを作成したり、バッチ変換を行うためのツールはありません。実際、これらの機能はまったく利用できないため、むしろ失望しています。

このフォントジェネレータにビットマップグリフをインポートし、手動または自動のトレース機能を使用してアウトラインに変換することができます。あなたがほんの少しの微調整をしたいならばマニュアルは良いですが、オートモードは仕事を素早く適切に行うでしょう。

ペン、鉛筆、ナイフ、接着剤などの標準的な描画ツールには、より高度なツールが多数用意されています。コーナー、カーブ、オンまたはオフカーブ(TrueTypeフォントで使用)、線、長方形、および楕円を追加する機能が含まれています。また、微妙な微調整や修正のためのストロークツールとタッチアップツールもあります。特殊なフォント効果は、基本的な太字、イタリック、スモールキャップ、ローテーション、ストレッチ、スキューなどの変形ツールに限定されています。

このフォントエディタでは、自動ヒントではAdobeとは別にダウンロードが必要ですが、マニュアルヒントを調整することもできます。カーニングモードがありますが、追加するグリフのUnicode名をルックアップする必要があるため、リストにペアを追加することは困難です。グリフメトリックウィンドウも同様にイライラします。すべての数値を入力する必要があります。我々は、ユーザーフレンドリーなwhat-you-see-is-what-you-getメソッドを好む。

編集機能と変換機能

タイプは、このカテゴリの上位のフォントエディタピアの後ろに少し落ちます。フォーマット間で変換できますが、サポートされているフォーマットのみ変換できます。タイプ1、ビットマップまたはEPSフォントまたはファイルを開く、編集する、または保存することはできません。ただし、TrueType、OpenType、およびOpenType PSファイルを完全にサポートしています。

フォントをエクスポートしてインストールする前にフォントをテストすることはできませんが、これは少し不便です。もちろん、フォントファミリとスタイル名を手動で編集したり、グリフを個別に編集したり、フォント全体を編集したりすることはできます。後者の機能は、メトリックといくつかのアクションスクリプトに限定されています。

いくつかの欠点(カーニングとメトリクス関数)にもかかわらず、Typeは比較的使いやすいとわかりました。メインウィンドウに編集中のグリフが表示され、残りのフォント(グリフマップとも呼ばれます)がはるかに小さなウィンドウにリストとして表示されるという点で、ユーザーインターフェイスは他のフォント作成者とは異なる設定になっています。しかし、全体的には、あなた自身のフォントを作ることはまだかなり容易であることがわかりました。

ボタンはラベル付けされていませんが、マウスの上にマウスを置くと名前が表示されます。ツールのアイコンは必ずしも即座に認識できないので、他のフォントデザイナーよりも多くのことを行う必要があるかもしれません。

ヘルプとサポートのオプションを少し残しておきます。連絡先電子メールアドレスとオンライン電子メールフォーム、ビデオやチュートリアル、ユーザーフォーラムがあります。ユーザーマニュアルはわずか39ページですが、その中には定義、標準的なカーニングペアリスト、その他の付録があります。役に立つとはいえ、フォントクリエーター自体を使用するための説明がより詳細にできると考えました。

複数の機会に、タイムアウトエラーのためにCR8ソフトウェアのWebサイトにアクセスする際に問題が発生しました。標準のhttp://の代わりにWebアドレスの前にhttps://を使用すると、通常この問題が解決されています。

使いやすさ

全体的に見てTypeは強固だが基本的なフォントエディタとクリエイターであることがわかった。それはいくつかのツールが不足していて、珍しいインターフェースと若干劣ったヘルプとサポートオプションを持っています。しかし、Composite Wizardのようないくつかのユニークで非常に有用なツールもあり、ナビゲートするのに十分なほど簡単です。上級者と中級ユーザーはこのアプリケーションに問題はありませんが、初心者は購入前にフォントデザインプロセスを調査したいかもしれません。

ヘルプ&サポート

概要